Music is my life!

音楽がなけりゃ人生じゃない

シャカタク(Shakatak)「ナイトバーズ」

最近届いたビルボード東京からの案内状に80年代のイギリス、 オシャレフュージョンバンド、Shakatakが載ってました。

 

f:id:araam:20190513203759j:image

 

Shakatakは、エレクトーンの曲として何曲かを知りました。当時中学生のわたしにはオトナサウンドでしたね。

 

母がピアノやエレクトーンの先生で、わたしも習っていたので、家ではジャズ系のレコードがままかかっており、電子オルガンなどの楽曲には小学生から割と慣れ親しんでましたが、これは自分がエレクトーンで弾くことになりレコードを買ったんです。

 

シャカタク概要

  • 出身 イギリスロンドン
  • 活動 1980年から現在
  • メンバー ピアノ・キーボード担当のリーダー、ビル・シャープが結成。数名のメンバーが入れ替わりながら今も活動を続ける

シャカタクの 楽曲は 洗練されている というか優等生的な 楚々と したイメージです それはどうやらイギリス出身ということが 聞いているみたいですね Wikipedia によると

アメリカ合衆国のジャズを起源とするフュージョンとは異なり、アドリブ偏重ではなく旋律と編曲を重視

とあります。

なるほど なので エレクトーンにも取り入れられてたんだなと納得 演奏する側からするとちょっとクラシックに近い感じ だったかも言われてみれば。

 

グループ名も、

デビュー前にお世話 になったレコード店「RECORD SHACK」からとったとかで、 なんなんか義理がたくていい人達っぽいですね。

 

Night Birds

1982年のヒット曲 シャカタクの代表曲ですね Shakatak を知らなくてもそのことを聞いたことはあるんじゃないでしょうか?

 何かの BGM に使われていることがよくあって、未だにテレビで 耳にすることも あると思います。

 

当時はフュージョン流行りで、 日本のバンドでもスクエアなどが 人気がありましたね。

まだバブルに入る前の時代。

 

ただ一般的には まあ私高校生だったのによく分からないですが 、こういったインストルメンタル中心の曲というのは一般受けとしてはあまりしていなかったんだと思います 。

今もそうだと思いますけども。

 

ただその中で、「ナイトバーズ」は 歌謡曲が好きな人にも受け入れられ たようですね。

日本での人気は特にすごかったようです。

 

わたしが好きなのは間奏のピアノソロ。

軽快なタッチがジャズ!という感じですが親しみやすいメロディです。

 


SHAKATAK - Night Birds

 

今日みたいな日にぴったり


f:id:araam:20190521204939j:image