Music is my life!

音楽がなけりゃ人生じゃない

ミニーリパートン(Minnie Riperton) 「 Lovin' You 」~実は母の愛情の歌でした

 一度聞くと魅了されるこの曲。

 わたしが初めて聞いたのはいつだったか・・・覚えてないですが、時々無償に聞きたくなるんですよね。

鳥の声かと思しき高音で歌い上げてて甘い、甘いけど甘ったるくない。確かな歌唱力。

ミニー・リパートン

 5オクターヴの音域をもつミニー・リパートンがこの声の持ち主。


f:id:araam:20190524224743j:image

ちょっとセクシーないでたちですが・・・シンガーソングライターのミニー・リパートンです。

 

  • 誕生 1947年11月
  • 出身 アメリカ合衆国 シカゴ
  • 活動 1961年 - 1979年

 

幼少から音楽を学び、ドラムやダンスも習っていたミニー・リパートン。お嬢様だったんですかね、オペラまで習っていたそうです。高音ボイスはその訓練のたまものなのかな。

 

1961年15歳のときにThe Gemsという地元グループでで歌い始めたのが本格的な音楽活動。

1970年にはついにデビューです。この時のコンサートにかかわったメンツがすごい。

 1970年末にGRTからリリースされた『Come To My Garden』で、彼女はシカゴのロンドン・ハウスでコンサートを行なった。この時に彼女を観客に紹介したのが、ラムゼイ・ルイスだった。彼はコンサートでピアノを演奏し、モーリス・ホワイトがドラムを、フィル・アップチャーチがギターを演奏した。このデビュー・アルバムは全米チャート入りしなかったが、遂にミニー・リパートンがデビューした後、特に高く評価された曲「Les Fleurs」と共に、名作とみなされている。

(discovermusic

 その後もスティービー・ワンダーとも協働します。彼のツアーに参加していたミニー・リパートンにスティービー・ワンダー様が、アルバムを共同プロデュースしてくれるということに。それが世界的ヒットとなる「Loving You」を含んだ『Perfect Angel』。

 

ちなみにスティービー・ワンダーはプロデュースに飽き足らず、キーボードやドラムなどまで演奏してます。

Loving Youもいいですが、これもいいっす。


Minnie Riperton-Perfect Angel

なんか音とるのが難しいメロディだなー。よくずれずに歌えるよなー、、と思います。聞くたびに。

 

このアルバムのときに27歳。

その後出した1977、1979年に出したアルバムは、鳴かず飛ばずだったそうです。

そして実は1976年にガンを診断されています。それも進行して転移している状態。。片方の乳房を切除する手術を受けつつも、余命3か月と宣告されましたが、1979年まで3年も生き延びました。

その間にミニー・リパートンは、癌患者のために歌い続けます。そして体力が落ちる中アメリカのCancer Societyのスポークスマンも務めます。強い女性だったんですね。

 

Loving You

この歌、ジャジーでおしゃれ、そして情熱的な恋愛の歌だと長年思ってたんですけど、実は娘さん(女優のMaya Rudolph)とそのお兄さん(長男)に贈った歌なんですねー

 

って、そう言われれば3:29くらいに マーヤマーヤ♪って歌ってるじゃん。。。

 

20年ほどこの曲を好きでしたが、最近調べてから気づきましたよ。。

 

もともと「Lovin You」は、フロリダ州のゲインズヴィルに生活する若いカップルだったミニー・リパートンと夫が当時1歳だったマーヤ・ルドルフと兄のマークのために作った子守唄だった。(discovvermusic.jp)

この曲は1975年の全米1位を獲得しており、世界中で人気を博しました。

 

その後、多くの歌手にカバーされてますよね。日本ではレゲエ・シンガーのジャネット・ケイがカバーしたのが(1991)人気が出てましたよね。

 

日本人でもだれか歌ってたような。今井美樹かな…なんか個人的に彼女はさして上手くないのにアーティスト風更かしてるから、この歌さえ嫌らしく聞こえたなあ。

 

いずれにせよ、本家本元の美しいこの歌を凌駕するカバーは聞いたことないですな。

 

にしても、、優しいキーボードとギターだけのシンプルな演奏に、細いようでいて、力強い歌声が乗って、まるで天国にいるような気持になりませんか?

 


Minnie Riperton - Lovin' You (Official Video)

 

初版の演奏ではキーボードだった音色が、この曲が売れてからはストリング・シンセサイザーに替えられたそうです。これどっちの音なんでしょう・・・わからない。

 

『Minnie』と自分の名前を付けたアルバムが遺作となります。31歳で亡くなってます。若いですね。天才ってやっぱり夭折しちゃうんだなあ・・。