Music is my life!

音楽がなけりゃ人生じゃない

ハワード・ジョーンズ(Howard Jones) アルバム「One to One」 名曲ぞろい!!

80年代は多機能になったシンセサイザーを多用するシンガー・グループが輩出された時代。日本でもイエローマジックオーケストラなどいましたよねー。

その時代に王道のブリティッシュポップス作品を世に送り出したエレクトロニックポップシンガー代表がハワード・ジョーンズです。

http://www.howardjones.com/newsletter/WIL-web2.jpg

 

ハワード・ジョーンズとの出会い

「シンセ・ポップの貴公子」「音の魔術師」と呼ばれたハワード・ジョーンズ。そして当時、高校生になりたてくらいのわたし。

 

多分わたしの情報仕入先は、木村克也のベストヒットUSAだった。そこでニュー・ソング以外も聴きたい!と思ったんでした。

シンセサイザー弾き、ヘッドセット・マイクで歌うツンツン・ヘアーな少しアイドルめいた白人兄さん、というイメージでしたがアルバムを聴いてみれば、 聴き応えがあってそれでどんどん好きになりました。

 

ハワード・ジョーンズの概略

  • 生誕 1955年2月23日 
  • 出身地 イギリス ハンプシヤー
  • デビュー 1983年 「ニュー・ソング」(アルバムは『ヒューマンズ・リブ(邦題:かくれんぼ)』)

 

ハワード・ジョーンズはイギリス出身ですが、10代にはカナダに、家族の仕事の関係で移住。その頃バンドに初参加。本格的な音楽活動は、その後イギリスに戻ってから。 

王立北部音楽院(the Royal Northern College of music)に入学するも中退します。

 

なんかいい家のおぼっちゃまくん?

実際、シンセ弾いてる姿はヤンチヤそうにみえつつ、歌や楽曲には、人の良さというか真面目さが滲みでてます。

 

地元サウサンプトンのジャズやファンクのバンドを転々とし、最終的にはソロでシンセサイザーとドラムで音楽活動を始めます。 

 

その数年後BBCの目に留まったことがデビューのきっかけとなります。

 

1983年のデビュー・シングル「ニュー・ソング」は大ヒット。いきなり全英3位の大ヒットという快挙。そして全米チャートでも27位とすごいデビュー。

続く「ワット・イズ・ラブ」は全英2位、全米33位。1984年には初アルバム「ヒューマンリブ(かくれんぼ)」をリリース。

 

ハワード・ジョーンズのデビューは27歳とかでしょうか。決して若い!と言う感じではなかったものの、その時代の80年代のシンセポップ、例えばカルチャー・クラブとかに比べ、インテリ、または哲学的な感じがします。

 

アルバム「One to One」1986年

わたしが好きなのは、このアルバム。

このアルバムのあとベスト盤を1993年にリリースしますがそれを最後にメジャー・レーベルとの契約は終わってしまいます。このアルバム以降低迷したと言われているようですが、このアルバムはまじで必見だと思うんですよねー、個人的には。

 

すっごい繰り返し聴いたなあー!今聞いても、すべてカッコイイ。

 

このアルバムはチャカカーンやアレサ・フランクリンやら、最近?ならノラ・ジョーンズも手掛けた巨匠プロデューサーによる作品。そのためか三枚目のこのアルバムそれまでと一線を画した感じです。

 

骨太で 聴きごたえが本当にあります!いろいろなハワード・ジョーンズが楽しめる。 

私がこの中でも本当に繰り返し聴いたのが「GIVE ME STRENGTH」、「WHERE ARE WE GOING」、「DON'T WANT TO FIGHT ANYMORE」 .

 

全般、哲学的な深刻さと機械的な音が合わさってて、もはやセクシーの域だと思うのだけど。高校生に成り立て位のわたしもそう思っていた気がするw

 

いや~、彼の声って不思議。透明感があるけど、硬い感じもあって(性格が出てるのかな)

「GIVE ME STRENGTH」


HOWARD JONES - ''GIVE ME STRENGTH'' (1986)

「WHERE ARE WE GOING」


HOWARD JONES - ''WHERE ARE WE GOING?'' (1986)

「DON'T WANT TO FIGHT ANYMORE」


HOWARD JONES - ''DON'T WANT TO FIGHT ANYMORE'' (1986)

   

 

まだまだ現役のハワード・ジョーンズ!

今年の夏には2年ぶりの来日公演をするハワードジョーンズ まだまだ頑張って欲しいです。

http://howardjones.jp/lib/top/fv_wide.jpg

 

www.sonymusic.co.jp