Music is my life!

音楽がなけりゃ人生じゃない

ブライアン・マックナイト(Brian McKnight)「One Last Cry」~押しつけがましくない歌い上げ

最近はアクの強い音楽がどっちかと言うと好きなんですが....20代の終わり頃はこの人ばっかり聴いてましたっかり聞いてました 。

ブライアンマックナイト !

?  

さわやかで、甘ったるすぎず、 でも、 ソウルフルな歌声で20代から30代にかけての私を魅了しました 。

一度ライブにも行きましたねー。その時はスタンディングでしたけど彼の声も歌も、ディナーショーみたいな感じで、お酒飲みながら聴きたいですね。

ブライアン・マックナイトの概略


f:id:araam:20190528141140j:image

 

  • 誕生 1969年6月
  • 出身 アメリカ合衆国ニューヨーク州
  • デビュー 1992年

デビューが意外と遅い。

ボーカルですけど、いろんな楽器をこなすんですね。ピアノもトランペットも!多彩なブライアン。血統なんですかね。お兄さんは人気コーラス・グループ、テイク6のメンバーです。一家から二人も有名歌手を出すってすごい。

 

デビューの翌日には、当時絶大な人気のあったヴァネッサ・ウィリアムスとデュエットして、それが、これまた当時絶大な人気があった「ビバリーヒルズ高校白書」に起用されて、一躍人気歌手のスターダムに。

 

今聴くと、ソウルとしてはさわやかすぎるかなーと思うのですが、あの頃は、この濃度の薄目なソウルな声が好きでした。

 

「One Last Cry」

悲しい失恋の歌を、優しく、なんだか天使が舞い降りてきそうな世界観で歌ってるこの曲が、彼の歌の中でも一番かなー。

ライブ版でどうぞ!弾き語りです。


Brian McKnight - One Last Cry

ちなみに、最近のライブも。もうー!素晴らしい!変わらぬ歌声。

しかも、相変わらず良い人そう~な感じ。うれしい。かっこいい・・・・


Brian McKnight - One Last Cry (Live)

録音バージョンだと、2:40くらいに変調するところで、雲の間から光が差し込みそうな美しい情景が思い浮かびます。

 

Justin Timberlakeなどにカバーされてるけど、やっぱりブライアンマックナイトがダントツNO1です。確かな歌唱力と、細めだけど力強いゴスペル上がりの歌声!圧巻。

比べてみてください。

歌ってやっぱり曲より、歌唱力なんだなーと、改めて思う多大なる差!


One Last Cry

 

失恋の歌だけど、ロマンチックな夜にお勧めです・・・。

名前の通り、ほんとナイトって感じで、いつまでも頑張ってほしいです。

 

?