Music is my life!

音楽がなけりゃ人生じゃない

キニー・スター(kinnie starr) 「Sun Again」~魂の歌

わたしがキニー・スターを知ったのは、レズビアンたちの日常を描いたアメリカのドラマ「エルの世界」の挿入歌でした。

 

比較的最近?(←アラフィフらしい感覚ですよね、、)な10年近く前でしょうか。。

https://i.cbc.ca/1.4190879.1499265422!/fileImage/httpImage/image.jpg_gen/derivatives/16x9_780/kinnie-starr.jpg

主人公格のキャラクターでストレートで婚約者もいるジェニーが、美しいマリーナに初めて肉体関係を結びレズビアンに目覚めていくシーンです。

 

   

このシーンは、戸惑うジェニーの緊張感満載で、そこにこの曲が乗ると、ジェニーの気持ちの高ぶりが伝わってくるようでした。


Kinnie Starr - Sun Again

いや~初めて聴いたとき、ガツンときて、それから数日繰り返し繰り返し聞きました。

 

キニー・スターはアボリジニーの血統

  • 本名 Alida Kinnie Starr
  • 出身地 カナダ カルガリー
  • 誕生 1970年
  • 活動 1995年より

 歌手でもあり、アーティストでもあるキニー・スターのルーツはオーストラリアの原住民アボリジニー。また、バイ・セクシュアリティであることからか、活動はアートに留まらず、アクティビストという感じ。特に大学で専攻したジェンダーについてもコメントが多いようです。

 

カナダのグラミー賞に当たるジュノ賞の、2004年新人賞にノミネートされています。

この歌は2003年に発表された同名「Sun Again」アルバムの一曲。

 

2010年アボリジニーの音楽祭での圧巻のステージも見てください。

 

セクシー。本当の歌い手って感じ。歌がもともと神様とつながるための儀式の一環だったことを思い出す魂の歌って感じで、初めて見たとき、固まってしまいました。


Aboriginal People's Choice Music Awards 2010 - Kinnie Starr

 

ドラマ「Lの世界」で使われたSun Again

最初にご紹介しましたが、Sun Againはジェニーの戸惑いが伝わるシーンを盛り上げるように挿入されています。

 (引用:Spur.jp)

https://static-spur.hpplus.jp/upload/image/manager/22/JDSEgHQ-1200.jpg

 

 

 

打ち込みのビートから始まりますが、まるでその音がハートビートのよう。一定のテンションを感じさせます。キニーの、かすれ声の抑えめなラップもクールセクシーって言うのでしょうか。メローでステキです。

 

でも、ライブでは激情に歌い上げています。

一味以上違ったSun Againでこちらはとがり方がカッコイイです。


Kinnie Starr - 'Sun Again'

 

詩のここ↓のところが好きだなあ~~~。

And when i wake
Will I creep into daylight
Will i hover like the wind

 

タイトルに「太陽」とあるのに、まったくもって明るい感じがせず、目が覚めたときに暗い部屋の中で、カーテンの隙間から漏れ入る弱い太陽の光が眼に入ってきた感じなのかな。

カーテンに近寄っていって、窓を明け、まるで体から魂が出て行って太陽の方にゆっくりと浮いていく風景が見えます。

最近の活動

2015年、乗っていたタクシーが事故に巻き込まれ、脳に後遺症のでる大怪我をおっています。

2年くらい深い霧の中で生きていた

 

最近、曲ださないしツイッターもあまりないなと思っていたら怪我の治療とトラウマに苛まれていたらしいです。かわいそう。肉体的にも左手がうまく動かないと語ってます。

(引用、参考:Losing my identity after a brain injury - Kinnie's essay | CBC Radio

 

完全復帰するの彼女に期待します!