Music is my life!

音楽がなけりゃ人生じゃない

モーリス・ホワイト(MAURICE WHITE)「 I Need You」 ~壮大な世界観

確かな歌唱力とソウルフルな世界観で歌い上げるこの歌。

初めて聴いたのは・・懐かしい「夜のヒットスタジオ」で年末特集だった気がするんですが、海外との中継だったか、出てたのか。。ともかく出ていたのです、モーリス・ホワイトが。そして、これを歌い上げてました。

中学の1年生とかだったと思うその頃のわたしは、圧倒されましたねー。まだその時の映像の記憶があるくらいだから、かなり強烈なインパクトだったんだなあ。 

 

私が言うまでもなく、オバマ元大統領も追悼の意を表するくらいの大スターのモーリス・ホワイトのこの歌!について書きたいと思います。

http://www.billboard-japan.com/common/special/others/160118_mw/img/top.jpg

   

モーリス・ホワイト概略

  • 出身 アメリカ・テネシー
  • 活動 1962–2016

 

かの人気グループ70年代〜80年代のディスコブーム中心にあった「アース・ウィンド・アンド・ファイアー」の創立者にしてリーダーですね。

シンガーソングライターでもあり、プロデューサーでもあり。

初期はジャズ・ドラマーとしてラムゼイ・ルイスのバンドに参加してますが、ピアノ、カリンバもこなします。

 

カリンバとモーリス・ホワイト

ここで、余談。

カリンバとは…アフリカの楽器でホワイトは最も有名なカリンバ奏者なんだそうです。

コンサートでも披露してます。


Earth, Wind & Fire - kalimba ballad & evil & Yearnin' Learnin'

 

自分の立ち上げるプロダクションに「カリンバ・エンタープライズ」って名前をつけるくらいだから、相当ですね。

この楽器こんなつくり。心地よい音です。

もともとドラマーだったモーリス・ホワイト。これは「親指ピアノ」と言われますけど、音がちょっとアフリカの打楽器を思わせるので、親近感持ったのもなんとなく頷けます。

https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/5/53/Earthsound_Kalimba.jpg

 

ルーツはアフリカです。EW&Fのコンセプトにぴったりな楽器だったみたいです。

タワレコの記事によると

70年代前半のEW&Fは、創造性こそ豊かながらも方向性が定まっていなかった。それが、いわゆる〈EW&Fらしさ〉を備えてくるのは、リーダーのモーリス・ホワイトがプロデューサーとしてクレジットされるようになった『Open Our Eyes』(74年)からだ。ここではモーリスの弾くカリンバ(親指ピアノ)を主役にした楽曲も披露され。。。

とあります。まさに宇宙!アフリカ!というコンセプトをカリンバで表現したという感じなんですかね。

 

圧巻の歌い上げ!「I NEED YOU」

この映像!こんな感じだった。わたしがTVで見た時も。


MAURICE WHITE I NEED YOU

 

2:48 くらいからのと3:39くらいの「オオオ~!」と、展開されるところ鳥肌立ちますー。

実は大学の終わりくらいに、EW&Fのコンサートが日本であって行ったんですけど、モーリス・ホワイトは来てなかった。そのころから(1990年代前半)、アルツハイマーだったんですよねー。亡くなるまで長い闘病だったんだろうと思うと、心が痛みます。